MENU

Switch Park

アスリートを応援しています

幼い頃の遊びの一つ・親の影響・部活からの延長…スポーツを始めるきっかけは人それぞれ。

その中で見つけて進む【自分の道】

Switchparkではスケートボードに限らず

様々なスポーツで夢に向かって進み続けるアスリートを応援しています。



手塚 翔太

〜Shota Tezuka〜

1993年12月13日生まれ、静岡県御殿場市出身。

父親の影響を受けう小学校2年生でウェイクを始め、その後小学校6年生で史上最年少でプロ昇格。

2011年には18歳でアメリカに拠点を移し活動をスタート。

2015年、日本人初となる【X GAMES】で銀メダルを獲得し、その後も様々な大会でメダルを獲得。

2020年にはアメリカ大手ボードメーカー・OBRIENより日本人初となるプロモデルウェイクボード【Vahalla Shota Edition】が発売され、毎年和のテイストを感じさせるデザインが大きな反響を呼んでいる。



池田 翔哉

〜Toya Ikeda〜

2003年10月8日生まれ、兵庫県芦屋市出身。

2017年、全国を巡るアマツアーにて14歳でプロ昇格を果たし、2018年にはプロ2年目にしてJWBA・プロツアーチャンピオンに輝く。

翌年2019年には海外で行われたWWA・世界ウェイク協会主催【Jr.Pro Men】クラスにて見事優勝を果たした。

現在は主に日本・芦屋市を拠点とし筋力トレーニングやトランポリン・ケーブルウェイク等を練習に取り入れ活動中。

今後も世界での更なる活躍が期待されている。